Face Design プチ整形で鼻と目の印象を変える

顔全体の印象を作っているのは、シャープな鼻とはっきりとした二重まぶたではないでしょうか
鼻をほんの少し高くしたり、目元の印象がちょっと違っただけで印象は全く違ってきます。

脂肪吸引してから豊胸手術

美容整形ではバストを大きくするためにシリコンを注入する豊胸手術が例に挙げられやすいですが、自分の脂肪を使用した脂肪注入法というものがあります。では、こちらで脂肪吸引される部位についてですが、腹部や太もも、背中などがあります。

吸引された脂肪は、そのままバストに利用されますので、注入後は自然な硬さを得ることができます。なお、注入された脂肪は毛細血管に取り込まれますが、一部の脂肪は取り込まれずに吸収されます。脂肪注入法の生着率は不純物が多いため30パーセントから50パーセントですので、より生着率を上げるために不純物にフィルターをした施術を選ぶ方もいます。

痩せ型の方でも脂肪注入による豊胸ができるベイザー脂肪吸引

美容整形には複数種類の豊胸術がありますが、最も品質の良い施術が脂肪注入法です。見た目も触り心地も自然な仕上がり、後遺症もないため安心して施術が受けられます。ただし、注入する脂肪は自分自身から採取するため、体脂肪の少ない痩せ型の人には選択することのできない方法でもあります。

体脂肪が少ないため、仕方なく他の施術を検討されている方は、ベイザー脂肪吸引をご存知でしょうか?超音波によって脂肪を液状化して吸引するため、従来の方法では吸引しづらかった、あご下などの部位からも、脂肪を採取できる施術です。ベイザー法を利用すれば、脂肪注入による豊胸術を受けることができるかもしれません。

脂肪吸引・注入による豊胸術の意外なデメリット

脂肪吸引を気になっている部分から行い、吸引した脂肪を直接バストに注入できる脂肪注入式の豊胸術が人気になっています。自然な仕上がりから施術に満足している方がほとんどなのですが、意外に知られていないデメリットも存在します。それは術後の痛みです。

脂肪注入したバストだけではなく、脂肪吸引した部位も痛みますので、ダウンタイム中は出勤できない方も多くいらっしゃいます。ある程度痛みが引いた後も、美容整形クリニックでマッサージなどのアフターケアを受けないと、しこりが残ってしまうケースがあります。このマッサージも痛いのです。このような生活が数ヶ月続きますので、覚悟して施術に臨みましょう。

脂肪吸引できる方には脂肪注入による豊胸手術がお勧め

美容整形のバストアップ法には、大きく分けて3種類の施術方法があります。シリコンなどで詰め物をするバッグプロテーゼ法、ヒアルロン酸を注入するプチ豊胸、自身の脂肪を注入する脂肪注入法です。バッグプロテーゼは術後も異物感が残り、プチ豊胸は時間が経過すると元に戻ってしまいます。

もしご自身に脂肪吸引できるほどの体脂肪があるなら、脂肪注入法をお勧めします。自然な仕上がりで異物感もなく、最新の美容整形技術で脂肪の定着率も向上しています。何より、元々自分の身体にあるものを利用するのですから、拒絶反応も起こらない、安全・安心な施術を受けることができます。

豊胸、脂肪吸引が得意な美容外科、kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

公式サイト http://www.d-biyou.com/
脂肪吸引 http://www.d-biyou.com/michelangelo/
豊胸 http://bust.k-biyou.com/
鼻整形 http://nose.k-biyou.com/
二重整形 http://eye.k-biyou.com/

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸術、デカ目、二重まぶたにする二重整形、小鼻、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸で有名。

脂肪吸引関連

本サイトでは美容整形(隆鼻の鼻整形、二重まぶたにする二重整形、豊胸、脂肪吸引など)について書かれていますが、美容外科医が書いているわけではありませんので参考でお読みください。

隆鼻の鼻整形、二重まぶたにする二重整形、豊胸、脂肪吸引などの美容整形についてはお近くの美容外科にお問い合わせください。大阪、東京などには多くの有名な美容外科があります。

ページトップへ戻る